私の住んでいるマンションの1階に食堂があります。もちろん日本語は話せません。メニューもタイしかない筈なので利用するのに勇気が要りました。そして、初めて行った時に注文したのは『パッタイ』
出てきたのは『カオパット』何も言えず食べました。

次に行った時は英語のメニューを出してくれました。でも読めても、どんな料理か想像が出来ない私が注文するのは『カオパット』です。
日本人で2回目の来店だからなのか、食べ終わった時に「明日は、何を食べに来る?」と話し掛けられたので翌日も食べに行くと、待っている間から話し掛けられ質問攻めのようでしたが聞き取れないので何となく返事をして、笑顔でうなずくだけの私でした。
お店以外の場所でも話し掛けられるようになり、久々にお店へ食べに行ったらお店のお母さんから『タマリンドウ』を差し出され、甘い果物で美味しいよと教えてくれました。
帰りにはお土産まで貰い、常連客になれた気がし毎日が楽しくなりました。
彼女達ともっと会話が出来るようになりたいと思いました。

メインメニュー

初めての海外生活一覧

携帯サイト